■ 推薦図書
-初期研修医向け-
Washington Manual of Surgery, 7th ed. :Lippincott Williams & Wilkins
研修医の必携です。日本語訳も出ていますが、やはり原著を読みましょう。
Cope’s Early Diagnosis of the Acute Abdomen, 22th ed. :Oxford University Press
急性腹症はGeneral surgeonにもっとも得意とすることの一つです。
日本語訳もありますが、やはり原著を読むべきです。
Surgical Recall, 8th ed. :Lippincott Williams & Wilkins
外科医の豆知識が増えます。
The Mont Reid Surgical Handbook, 7th ed. :Saunders
初期研修医には非常にわかりやすく書かれています。
CURRENT Diagnosis and Treatment Surgery,14th ed. :McGraw-Hill Medical
2年目も外科を回ろうと思ったら、この本を読んでみましょう。
-後期研修医向け-
Sabiston Textbook of Surgery, 20th ed. :Saunders
外科医を目指すのであれば最低限この本は持っていてください。
Mastery of Surgery, 7th ed. :Lippincott Williams & Wilkins
Zollinger’s Atlas of Surgical Operations, 10th ed. :McGraw-Hill Professional
いずれも手術書として欠かせません。
Maingot’s Abdominal Operations, 13th ed. :McGraw-Hill Professional
呼吸器外科手術書 改訂第5版 :金芳堂
解剖も含め非常にわかりやすい手術書です。
Rutherford’s Vascular Surgery, 9th ed. Saunders
Vascular Surgery :Principles and Practice, 4rd ed. :Informa Healthcare
ともに血管外科のバイブルです。
Trauma, 8th ed. :McGraw-Hill Professional
Top Knife: The Art & Craft in Trauma Surgery
DeVita, Hellman, and Rosenberg’s Cancer, 11th ed. : Lippincott Williams & Wilkins
がんを学ぶのであれば必ず読んでください。
新臨床腫瘍学 改訂第5版 :南江堂
腫瘍内科の教科書ですが、外科医として必要ながんの知識はすべて網羅されています。
■ リンク集
日本外科学会 http://www.jssoc.or.jp/
日本臨床外科学会 http://ringe.jp/
日本消化器外科学会 http://www.jsgs.or.jp/
日本内視鏡外科学会 http://www.asas.or.jp/jses/index.html
日本血管外科学会 http://www.jsvs.org/ja/
日本脈管学会 http://www.jc-angiology.org/japanese/
日本胸部外科学会 http://www.jpats.org/
日本救急医学会 http://www.jaam.jp/index.htm
日本外傷学会 http://www.jast-hp.org/
日本癌治療学会 http://jsco.umin.ac.jp/
日本臨床腫瘍学会 http://jsmo.umin.jp/
National Clinical
Database
http://www.ncd.or.jp/
日本ACLS協会 http://acls.jp/