<<    8  9  10  11  12  13  14  15  16    >>  
(2014.07.05.Saturday 19:35)
みなさん、こんにちは。
もう7月なんですね。どうりで冷房がきつくなってきたわけです。
そんな中、SSAブログはまだ5月の話題に戻ります。

去る5月21日~23日青森で血管外科学会がありました。
藤徳から高木先生、湘鎌からは荻野先生、池谷先生、磯貝が参加しました。いつも通りですね。

初日から参加の荻野先生、池谷先生は早々青森へ。
Dr.池谷メール「青森、寒いぞ」
やっぱり・・・。

下着、ワイシャツ、カーディガン、スーツジャケット、コート、マフラー装備しいざ青森へ。
さっぶー(;△;) 手袋忘れたし・・・。

池谷先生、磯貝のポスター発表は2日目朝から。
うー、緊張するー。という磯貝と比していつも通り余裕しゃくしゃくの池谷先生。

今回は共同演者の荻野先生のブッキングはなし。よかったー。
Dr.荻野「内容恥ずかしいから、共同演者から外してくれない?」
Dr.池谷「俺の名前も」
・・・ちぃーん(;_;)

と言いつつ、ちゃんと来てくれました。
胸部緊急ステントグラフトの内容でしたが、恐れていた質問が。
「こういう学会の時に破裂がきたらどうするのですか?」
「いる医師でopenでやるしかないと思われます」

と言ったそばから荻野先生の携帯がなると。
なんというタイミング。破裂きてしまいました。
あぁ、恐れていたことが。

ということで、心臓血管外科の野口先生が入って下さり、
三宅先生頑張りました。お疲れさまでした。

と自分の発表が終わり、池谷先生の発表をのぞく。
なんなんでしょうかね、あの堂々っぷり。
ちとしつこい質問にも強気に返すと。
爪の垢、いただこうかしら(笑)。

そんなこんなで、無事発表終わりました。
次は、3日目の荻野先生、高木先生です。

続く(笑)。

磯貝。




(2014.07.03.Thursday 20:07)
みなさん、こんにちは。
またしても滞った更新。もはや恒例。
なさけないですね。反省します。

そんな中、このたびこのブログにカウンター?機能がつきました。
本日何人目などという数字が目の当たりに!!

とうことで、更新滞らないように細々頑張ります。
すでに弱気。。。

ひとまず5月の出来事から振り返ってみたいと思います。
乞うご期待。・・・なんてね。

では、今月も頑張っていきましょう。

磯貝。
(2014.05.06.Tuesday 13:28)
みなさん、こんにちは。

先日SSAは大事な先生とのお別れがありました。
それぞれ外科医であり、わかっていたことではありますが、
とうとうその日が来てしまいました。

専門を持ちながら、generalの大切さもわかってくれていた先生。
SSAがSSAであることを理解し、認めてくれていました。
自分たちに足りないこと、変わらなければいけない部分も教えてくれました。

他の組織から来た先生でしたが、すぐに打ち解けました。
SSAと同じ想いで、同じ姿勢で、同じ方向を見ようとしてくれました。
どうしたらよりよい外科組織になれるか、供に真剣に考えてくれました。

短い期間でしたが、一緒に働くことができて本当によかったです。
外科からも他科からも、他の部署からも信頼され、慕われた先生だったと
改めて感じるお別れでした。

人は肩書きや役職についていく訳ではないのですね。
その人柄、姿勢、想いに魅せられて、ついていきたいと思うのでしょう。

磯貝がSSAにいる理由も同じです。

お別れはとても残念で悲しいですが、出逢ったことにまず感謝したいと思います。
一緒に働いたこの1年を無駄にすることのないように、
これからまたみんなで頑張っていきたいと思います。

磯貝。
(2014.05.05.Monday 09:58)
みなさん、こんにちは。
早いものでもう連休も終わりですね。

さて、去る4月29日はSSAチーフ卒業式が横浜ベイシェラトンホテルにて
行われました。
今年の卒業生は、なんと5人。

加藤先生、木村先生、佐藤先生、滝上先生、田代先生。
あっという間の1年でしたね。
とにもかくにもお疲れ様でした。

今後は各々の場所で活躍することでしょう。
SSAスタッフとしては加藤先生が湘藤で6月から新スタートです。

恒例のチーフスライドも各自の面白さがあり、楽しませてもらいました。
滝上先生だけは、髪型(坊主)と服装(珍しく正装)に時間がかかった?
とのことで、しゃべりのみの勝負でしたが、それもまた一興。

お集まりいただきました各病院の関係者の方々、どうもありがとうございました。
多くの方々に支えられ、未熟なチーフ達も1年過ごすことができる訳ですね。

さて、新チーフは3人です。
湘南鎌倉は新先生、西村先生。
湘南藤沢は飯島先生。

人数が少なくなり大変ですが、過ぎればあっという間です。
各関係部署の方々、これまたご迷惑をおかけいたしますが、
あたたかく見守っていただけますよう、よろしくお願いします。

それでは、新体制もまた頑張っていきましょう。

磯貝。
(2014.04.24.Thursday 22:12)

みなさん、こんにちは。

早くも滞ってしまいました。いけませんね。


さて、去る4月8日湘南腎移植ミーティングなるものが開催されました。

腎移植!

そうです、徳本先生、三宅先生ですね。


めずらしくシャントも早く終り、ほっと一息ついていたところへ鳴るピッチ。

Dr.荻野「行くぞ」

・・・へ??

Dr.荻野「三宅の晴れ舞台、見に行くぞ」

・・・あ!!


失念しておりました。

どうりでスーツ。

どうも三宅先生が朝からかっこよく見えた訳でした。

スーツの力、偉大です(笑)。


ということで、荻野先生、河内先生とともに鎌倉芸術館へ。

満員御礼的な会場にびっくり。


徳本先生司会のもと、進む講演会。

三宅先生、なんとまぁ、立派にねぇ。


移植に関しては、色々な考え方があるでしょう。

ここには書きませんが、自分もそれなりにあります。

改めて考える機会になったと思います。

関係者の皆さま、お疲れ様でした。


その後は言わずもがな。

心外の池谷先生も加わり、ソウルメイトの会開催。

これまたいつも通りに、あれやこれやと語ると。


オンコールの下山先生は、やっぱり大腸穿孔のopeでした。

さすが、大腸閉塞・穿孔センター長(勝手に命名)、頭が下がります。


というわけで、4月もなんとあとわずか。

チーフたちもあと少しで卒業です。

最後まで力を抜かないように。

残りの日々も頑張っていきましょう。


磯貝。




<<    8  9  10  11  12  13  14  15  16    >>