(2019.09.08.Sunday 17:19)

みなさん、こんにちは。

セミの鳴き声よりも亡骸が多くなり、夏が終わった感じですね。


というより、夏ありましたか、今年。

暑いと感じることもあまりないままにもう9月…。


さて、去る8月3日に第41回SSAミーテイング@湘鎌がありました。

めずらしく土曜日。


午前中はスタッフとレジデントでウェットラボ研修。

色んな手術手技のトレーニングをしたみたいです。

はい、土曜日外来の磯貝はもちろんお留守番(;_;)


その後のミーティングから参加しました。

今回も各病院からたくさん集まりました。


①「Miles術後に出現した会陰ヘルニアの一例」

 成田富里 宮田先生

②「十二指腸潰瘍/穿孔を考える」

 湘南藤沢 澤村先生

③「NOMIに対して血管内治療が有効であった一例」

 仙台 三ヶ尻先生

④「絞扼性腸閉塞に対する腹腔鏡手術の検討」

 松原 山路先生

⑤「肝臓手術後の突然死」

 湘南厚木 佐々木先生

⑥「腎動脈瘤に対してVIABAHN留置した一例」

 東京西 下元先生

⑦「幽門狭窄から発見された浸潤性小葉性乳がんの一例」

 湘南鎌倉 宮石先生

⑧「乳び腸間膜を呈した小腸軸捻転の一例」

 湘南藤沢 河田先生

⑨「若年者腸重積の一例」

 仙台 安武先生

⑩「深部静脈血栓症に対する血栓除去の経験」

 東京西 豊田先生

⑪「腸閉塞を引き起こし術前診断が困難だった結核性腹膜炎の一例」

 大和 佐々木先生

⑫「外傷性血胸の二例」

 湘南鎌倉 野間口先生

⑬「ASCOについて」

 湘南鎌倉 下山先生

⑭「湘南厚木病院の魅力」

 湘南厚木 寺島先生


一例一例ディスカッションが盛んで、時間が足りなくなる騒ぎ。

学会なら時間厳守なのですが、とことん意見を交わせるのもSSAミーティングならではですね。


その後は大船で懇親会。

毎度のことながら、病院間を超えて熱く語り。

熱冷めぬまま一部は二次会になだれ込み、土曜の夜が更けましたとさ。


そんなこんなで、ブログ更新も月1ペース。

これは、だめですね。

もっとマメに更新したいと思います。


今月もすでに1/3が終わろうとしている訳で。

今年も残すところ1/3な訳で。


時間の流れがはやくて焦りますが、

あたたかい夏が終わり悲しいですが、

今月も頑張っていきましょう。


磯貝。