(2019.03.10.Sunday 10:33)

みなさん、こんにちは。

もう3月ですね。おどろきです。


去る2月28日~3月2日に第35回環太平洋外科系学会がハワイにて開催されました。

湘南鎌倉から研修医1年の丸田先生、柏木先生、磯貝が参加しました。

演題は以下の3題です。
・Primary Epstein-Barr virus(EBV) -positive diffuse large B-cell lymphoma of liver
      Shohei Maruta
・Epithelial Splenic Cyst with Serum CA19-9 elevation
      Naoko Isogai
・Laparoscopic cholecystectomy using Hybrid NOTES technique
      Hiroyuki Kashiwagi


そうです、横文字なのです笑

磯貝は英語できないくせに無謀な決心をしたわけで。


それもこれも、消化器外科希望の研修医先生を国際学会に連れていくためな訳で。

そんな研修医先生はペラペラだった訳で。


基本的に個人個人自由にしていいのですが、

海外恐怖症の磯貝はひたすら柏木先生の金魚のフンとなりましたとさ。


夜に成田を出発し現地到着は1日遡って朝という変な感じです。

ハワイ来たぜ~みたいな解放感もなく、そしてハワイですら寒い・・・。

その日の午後に丸田先生と磯貝は発表を迎えました。


丸田先生は堂々と発表を終え、大会長やら座長やらに後で賛辞をいただきました。立派です。


磯貝は柏木先生曰くとにかく質問してくれるなオーラを出しまくり笑、

途中でマイクが壊れるというオチもありながら、何とか終えました。


夜は柏木先生のご友人の古河病院門間先生も加わり、徳洲会集うの会となりました。

美味しいごはんを食べながら、色んなお話ができました。


2日目は柏木先生の発表でした。

Dr.柏木「出だしかんじゃったわー」

・・・気づきませんでした(;_;)


2泊4日の弾丸国際学会でしたが、いい経験になりました。

お留守番してくれた先生方、どうもありがとうございました。


帰国した日本はとても寒く、ハワイはあたたかったと後で知ることとなりました。

そして微妙に頭皮が赤くなっていた・・・焼けたみたいです笑


そんなこんなでもう3月半ばになろうとしています。

そろそろ冷房勢力が押し寄せてくるかもしれません。

まだまだ早いですよー。


という訳で、今年度もあと20日。

頑張っていきましょう。


磯貝。